遅延損害金を払わない努力

遅延損害金を払わない努力

キャッシングにおける遅延損害金というのは、いわゆる延滞料のようなものです。レンタルショップでCDを借りて、レンタル期間を過ぎたのに返さないでいると延滞料が課されますがそれと同じです。キャッシング業者も返済期日を守ってもらえないと計画が狂って困りますし、他の人にお金を貸せなくなって利益を出しづらくなります。その補償という意味合いが遅延損害金にはあります。

 

遅延損害金を払う場合も利息は払わなければいけないので、二重にキャッシング業者に手数料を払うような状態になりますから、一刻も早く返済すべきです。遅延損害金は金利より高く設定されているのが普通で、おおよそ20%程度です。借りている金額が大きいと、数日遅れるだけでも数千円とられたりします。

 

もし、返済が遅れそうだと事前に分かっているのならば、返済日が来る前にキャッシング業者に連絡をとる方がいいでしょう。その方がキャッシング業者から良い印象を持たれて、今後の取引に良い影響を及ぼします。

 

また、もし今までの取引状況にさほど問題が無ければ、返済日を交渉によって変更してもらえる場合もあります。もし、返済日を遅らせてもらえれば、遅延損害金も発生しませんから損せずに済みます。
専業主婦が使うカードローンの返済